top of page
  • dm7411

アイコムならやま研究所見学

更新日:2023年1月10日




去る令和4年12月18日(日)に、久しぶりとなるアイコムならやま研究所が公開されましたので、いそいそと見学に行って参りました。ならやま研究所へは、京都からJR奈良線にてJR平城山駅まで行きその後徒歩5分です。私は気が短いので、京都からJRよりもずいぶん早く行ける近鉄高の原駅からタクシーで向かいました。

やはり、日本最大級のルソーのタワーや工人舎のVersa最上級グレードのアンテナは、目を奪われます。

体温測定と消毒を済ませ、講演会場へと急ぎます。今回の目的は、新しいリニアアンプPW-2を生で見ることと、技術講演を聴きたかったこと。講演は10:30からでしたが10:00には会場はもう満員でした。この満員の聴衆を退屈させまいと、臨時に高岡さんによる

「なつかしのリグ」の講演が行われていました。



10:30いよいよIC-PW2についての講演です。

講演の趣旨ですが、新しいリニアアンプはフルパワー・フルデューティー。電力率100%の FT8で1Kwいけるそうです、おそろしや。ファイナルは一石、いままではIC-4KLもPW-1もPAユニット×4で合成出力していたものを1ユニットで出力するそう。その結果、設計の簡素化が実現し、全重量が20Kgという軽量に収まったということ。

現時点では使用する石が決まっていないので、価格が決定できないとのこと。令和5年中には会社の威信をかけて発売にこぎつけたい、などでした。




講演終了後、質疑応答をパスして会場を出ると、JA3FA・井上徳造アイコム会長とシンガーソングライターのJH1CBX・masacoさんの2ショットがゲットできました。masacoさんは第2級アマチュア無線技士だそうで…ただ者ではなさそうです。




お目当てのIC-PW2もさわりたい放題で展示されていました。ハムフェアとはずいぶんと扱いがちがいますね。






閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page